Think Pink Fundraising Party

Think Pink Logo

Think Pink

EVENT

Tink Pink 2016

乳がんサバイバーが
勇気と希望を育むことができることを願って2013年より開催しています。

私たちが主催する「Think Pink」では、乳がんサバイバーをはじめ、誰しもが前向きで充実した生活を営むことの大切さを、ご参加くださる女性、男性、すべての皆様と共に知り、想い、分かち合う場となることを願い、2016年はスタイリスト尾崎千世さん、メイクアップアーティストヒラノマリナさん、演出プロデューサー乙守三千代さんによるステージ。また、コントラバス奏者森田良平さんによるライブを行いました。

ファンドレイジングにおける寄附金は、「乳がん早期発見のための啓発」「乳がんサバイバーの就労支援」 「乳がん患者の子供のための支援基金」として、「NPO法人あなただけの乳がんではなく」の活動に充てています。 私たちの活動にぜひ賛同していただき、来年のファンドレイジングパーティーThink Pinkへご参加ください。

THINK PINK 2016

THINK PINK 2016の様子

4回目を迎えたファンドレイジングパーティー THINK PINKは、10月15日(土)に開催され、289名の方々がご参加下さいました。

乳がんサバイバーストーリー 「ランウェイ〜明日からの私」

乳がんと診断されてからも積極的に生きる人を“乳がんサバイバー”と呼びます。今回は「ランウェイ〜明日からの私」をテーマに、世代の異なる3組の乳がんサバイバーの物語をファッションショー形式のステージで披露。鹿児島で活躍する女性クリエーターのプロデュースによって華やかにドレスアップした乳がんサバイバーが特設のランウェイを歩き、自分らしい人生を歩む支えになった友人・仲間・家族に未来への旅立ちを誓いました。 会場に集まった参加者からは、「輝きながら生きる乳がんサバイバーの姿に勇気をもらった」「検診の大切さをあらためて実感できた」「誰もが希望を持って生きていける社会や環境づくりを考えたい」という声が寄せられました。

スーパーフードでおもてなし

おもてなしの料理は、THINK PINKだけのスペシャルコース。いま話題のスーパーフード(栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品)を効果的に使用したメニューがテーブルを彩りました。

ラッフル・ベストドレッサー賞

参加者に販売されたラッフル抽選券300枚は、あっという間に完売。110点以上の景品が並んだ抽選会は大いに盛り上がりました。また、ピンクの装いでパーティーに華を添えた参加者の中から、男性1名、女性2名のベストドレッサーを選出。受賞者には協賛社から商品が贈られました。

なお、THINK PINK 2016に寄せられた寄附金のうち、100万円を「NPO法人あなただけの乳がんではなく」の活動に活用させていただきます。皆様の温かいご支援のお陰と、心より感謝申し上げます。

メディア掲載

南日本新聞にTHINKPINKの実施レポートが掲載されました。
詳しくはこちらから南日本新聞 2016年10月19日(PDFファイルが開きます)

ABOUT US

Think Pink 実行委員会事務局
〒892-0838 鹿児島市新屋敷町27-3讃岐ビル201
Tel&Fax 099-222-8787
E-mail thinkpink.fp@gmail.com


facebook